子連れ旅におすすめ!沖縄唯一の動物園「沖縄こどもの国」を徹底レポ!

こんにちは。

あまり知られていないのですが、沖縄にも実は、動物園があるんです!

知られていない理由は、上野動物園や多摩動物公園などと違い、動物園と名乗っていないんですよね。

沖縄唯一の動物園は、「沖縄こどもの国」といいます。

英語表記では、「OKINAWA ZOO & MUSEAM」と表記されているので、こちらのほうが動物園と博物館とわかりやすいかもしれません。

こどもの国には、動物園以外位にも、ワンダーミュージアムも併設されていますが、今回は、動物園メインで紹介していきます。

沖縄こどもの国の場所

住所:沖縄市胡屋5-7-1
営業時間:9:30-18:00 (4-9月)
  9:30-17:30 (10-3月)
     (入園時間は閉園30分前まで)
     (毎週火曜 休業) 
料金:大人:¥500
    中学生・高校生(13-18歳):¥200
    4歳以上~小学生(4-12歳):¥100
    幼児(3歳まで):無料/Free
※入場料は、原則として現金払いです。園内のショップ等では、クレジットカードや電子マネーも利用できる場所もあります。
※ワンダーミュージアムの入園には別途入場料が必要です。
大人:¥200
4歳以上~高校生:¥100
3歳まで:無料
(参照: https://www.okzm.jp/business/

国道330から、沖縄市の音市場の手前にある沖縄こどもの国とかかれたアーケードの道に入り、約5分ほど進んだところにあります。

那覇からであれば、車でおおよそ30分ほどのところにあります。

入口は、駐車場から階段を下りた先にあります。

階段がけっこう多い場所ですが、階段付近にはエレベーターも完備されていて、ベビーカーや車いすの方と一緒でも安心して楽しむことができます。

沖縄こどもの国内にいる動物

園内には、約200種類の動物がいます。

その中には、ヤクシマザルや琉球犬などの沖縄ならではの動物たちも含まれています。

中でも、印象的な動物を紹介していきます。

与那国馬

馬への餌ヤリや、乗馬体験もできます。

何種類もの馬がいて、競馬場などでみれるサラブレッドとくらべ、太く大きい馬は見ごたえがあります。

島ヤギ

琉球に生息するヤギです。

高い塀?の上に放し飼いにされていてびっくりします!

塀の外にすぐ脱走しそうな気もしてしまいますが、間近に見ることができて面白い展示方法ですね!

サル

サル園がすごい広くてびっくりします。中には鉄柵でサル園の中を通ることができ、自分の上をサルが走っていく姿を見れるのはスゴイ新鮮です。

通路に糞に注意と書かれているのも面白いです。

ヤクシマザルという屋久島にいるサルなので、ニホンザルとは少し違うので、内地の動物園ではなかなか見れないサルです。

他にも、クモザルやヒヒ、チンパンジーなどいろいろな種類のサルや類人猿を見ることができます。

ジャガー

ジャガーの柵も立体的に作られていて、自分の上にジャガーがいるというのはなかなか恐怖心もあり新鮮です。

ジャガーの見た目は怖いですが、家猫みたいにゴロゴロしたりボールで遊ぶ姿も見れ、怖いのにかわいい不思議な気持ちになれます。

キリン

やっぱり動物園の人気ランキングの上位にいつもいるのがキリンですよね。

長い首でのんびり歩く姿はどこか気品もあり見ているだけで癒されます。

ゾウ

またまた動物園の定番人気動物です!

アフリカゾウよりは少し小さいインドゾウが見られます。

長い鼻で器用に餌を食べる姿は、なんとなく生命の神秘を感じます。

カバ

個人的にはスゴイ好きな動物です。

でっかい顎でむしゃむしゃ食事する姿はかっこいいですよね!

ただ、カバはワイルドに食事するのですが、餌を食べてもほとんど口からこぼしちゃっていてそれもまたかわいいです。

ライオン

やっぱり動物の王様はライオンですよね!

ライオンキングでみるような岩の塔?の上にすわっているライオンはとてもかっこいいです。

リクガメ

リクガメは本当に大きいです。

現在はコロナの影響でやっていないですが、子どもがリクガメの上にのって歩くなどの体験もできます。

リクガメは、本当にのんびりしていて見ているとこちらものんびりした気持ちになれます。

爬虫類園

ワニやトカゲ、ヘビといった爬虫類も多く飼育されています。

爬虫類園では、ガラスのゲージの中に飼育されているので、かまれたりする心配もなく安心です。

ゲージの中で上手く隠れている爬虫類を探すのもまた楽しいですよね。

この他にも、いろいろな動物が飼育されていますので、自分の好きな動物を探してみてくださいね。

高台からの景色も必見!

沖縄こどもの国は、けっこうな高台にあるので、高台から見える街並みの風景も非常に美しいです。

また、園内にある大きな池も見ていて非常に癒されます。

野生の渡り鳥や水鳥も多く生息していて、本当に大自然にきたような気分を味わうことができます。

土日祝日は釣り堀としても営業していて、釣りが好きな方には非常におすすめです。

また、ボートになって池を散策することもでき、天気がいい日であればボート遊びも楽しいと思います。

池の前には、大きな原っぱやイベントスペースもあり、のんびり過ごすにもおすすめの場所です。

まとめ

今回は、沖縄こどもの国の動物園について紹介しました。

内地の動物園ではあまり見れない動物がいたり、動物の展示方法もこだわっていて、非常に楽しめるスポットとなっています。

こどもの国と名乗っているだけあり、子連れの来園者も多く、子どもも楽しみやすい動物園です。

沖縄に来た際には、是非、沖縄こどもの国へ遊びに行ってみてくださいね。

 

新着記事

 

関連記事

【ベルギー】ブリュッセルから30分!世界遺産の街、ルーヴェンの「ベギナージュ」を歩く

ベルギーと言えば「チョコレートとビールの国」。 今や不動のイメージですね。実際にその豊富な種類と、期待を裏切らない品質の高さは誰もが納得でしょう。 ちなみに最も有名なベルギー人、そうアガサ・クリスティの推理小説に登場する […]

蒸留所見学もできる!【インド産】おすすめウイスキーAMRUT

インドで一番飲まれているお酒といえば、実はウイスキー。 多くの庶民はビールより安価でパンチのあるウイスキーを好んで飲み、インドは世界有数のウイスキー消費国です。 悪酔いしそうな、テトラパックのウイスキーが大半ではあります […]

ペナンのソフルフード!きしめん焼きそば「チャークエィティャオ」を「興發茶室Kafe Heng Huat」で食べました!!

マレーシアのソウルフードの一つに、チャークエィティャオがあります。 チャークエイティヤオとは? チャー(炒)は炒めるという意味で、クエィティャオは、平たい米の麺のことです。 つるつるすべすべしています。 きしめん焼きそば […]