【長野県】世界で唯一温泉に入るサルがみられる名物観光地「地獄谷野猿公苑」

    世界で唯一温泉に入るサルがみられる場所

    みなさんは温泉に入っているサレを見たことがありますか?

    アメリカの雑誌「LIFE」で表紙を飾ったこともある、地獄谷野猿公苑二ホンザル温泉に入っているサルを見られるのは世界でもここだけ!
    温泉に入っているかわいらしいサルの姿を見に行きましょう。

    地獄谷野猿公苑ってどこにあるの?

    地獄谷野猿公苑長野県北部にあります。

    1年の1/3は雪に覆われている大自然に囲まれた場所です。

    インパクトがある名前は、いたるところから立ち上る温泉の湯気の光景を見た昔の人々が、この場所を「地獄谷」と呼んだことからきています。

    ↓時おり水しぶきが飛ぶことも

    地獄谷野猿公苑への行き方

    最寄りの無料駐車場から、地獄谷野猿公苑までは徒歩で約30分

    地獄谷野猿公苑までの道は、雪が積もってるとぬかるむので、歩きやすい防水の靴で行きましょう。また、寒い時期に行く際は防寒もお忘れなく!

    どうしてサルが温泉に入っているの?

    地獄谷のサルたちが温泉にはいるのは、厳しい冬の寒さをしのぐためなんだとか。暖かい時期にもこの場所でサルの姿を見ることはできますが、積極的には温泉に入らないそう。

    公式ホームページではライブカメラがあるので、サルがいるか確認してから訪れることもできます。
    →http://jigokudani.yaenkoen.co.jp/

    サルが気持ちよさそうにしている姿を見るだけで癒されます。

    こんなに間近でサルを見ることってめったにないですよね!

    地獄谷野猿公苑の露天風呂はサル専用なので、残念ながらサルと一緒に入ることはできません。

    でもサルが温泉に入っているのを見たら、私たち人間も温泉に入りたくなりますよね!

    でも、そんなあなたには、地獄谷野猿公苑から車で10分のところにある渋温泉がおすすめです。

    http://www.shibuonsen.net /

    渋温泉には地元の人が利用する9つの共同浴場があり、それぞれの温泉には異なる効能があります

    渋温泉宿泊者には、9つの温泉を無料で入ることができる嬉しい特典つき!

    また、祈願手ぬぐいにスタンプを押しながらめぐって、最後に温泉街を見下ろす「渋高薬師」へ参詣して印受すれば満願成就なんだとか。

    まとめ

    海外からの観光客にも大人気の地獄谷野猿公苑

    大自然の中でサルがくつろいでいる姿を見ることができるのは、世界中を探してもここ地獄谷野猿公苑だけ。

    ここの猿はとても人懐っこくて、手が届きそうなほど近くで見ることができるもの魅力です。

    サルが温泉につかっているのを見た後は、渋温泉で温まるのがおすすめ。地獄谷野猿公苑から車ですぐの場所にあり、歴史を感じながら散策して楽しむことができます。

    サルだけでなく、大自然も温泉も楽しむことができるこの場所にこの冬訪れてみてはいかがでしょうか。

    ▶地獄谷野猿公苑

    料金:
    大人(18歳以上)800円
    こども(小学生〜高校生)400円

    住所:
    〒381-0401

    長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

    TEL:0269-33-4379
    http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

      新着記事


      関連記事

      タイ在住者が厳選!古都アユタヤの必見スポット6選(ツアーやタクシーチャーターの方法も)

      世界遺産アユタヤ タイの首都バンコクから100km弱、かつての都アユタヤ。 バンコクから日帰りで行ける距離にあり、プーケット、チェンマイと並ぶタイの有名な観光地です。 1991年に世界遺産にも登録された遺跡群は、まるでタ […]

      クリスマスが終わってもまだまだ冬を楽しんじゃおう!サンディエゴのおすすめ冬のイベント3選

      (引用元:https://twitter.com/visitsandiego)  アメリカの冬といえばクリスマス!ですが、クリスマスが終わってもサンディエゴの冬のイベントはまだまだたくさんあります。 今回はクリスマス後、 […]

      可愛らしさゼロ?スペインのイースターは思ってたのと違う!

      イースターといえば、イースターバニーやカラフルな卵など、キュートなイメージがありますよね。 https://bit.ly/2Wd8FkA しかし、スペインのイースターにはこのような可愛いアイテムは存在しません。 その代わ […]