【オーストラリア】ヤシの木街道にビーチと絵に描いたようなリゾートエリア、パームコーブへ行ってみよう!

パームコーブってどんなところ?

IMAGE

ケアンズの中心地からバスに揺られること1時間弱。

そこにはケアンズの街中とはまったく違ったリゾートムード満点のスポットが!

地名の通り、ヤシの木に囲まれたビーチリゾートです。

IMAGE

ビーチ沿いの通り「ウィリアムズエスプラネード」を中心にショップやカフェ、レストラン、ホテルが軒を連ねており歩いているだけでもリゾート気分を味わえます。

街自体はコンパクトなので、街歩きだけなら半日あれば十分に楽しめ、ケアンズの街からちょっと足を延ばして訪れるのにちょうどいいスポットなんです。

IMAGE

パームコーブでの過ごし方

①ヤシの木沿いの遊歩道をゆったりおさんぽ

IMAGE

夏は日差しが強いオーストラリアですが、ここパームコーブはヤシの木がおおうようにたち並んでいるからとっても爽やか!

まずは街の雰囲気をつかむためにも歩いてみましょう。

風がとても心地よく気分もあがります。

ビーチ沿いは遊歩道になっているので歩きやすくお散歩に最適。

愛犬を連れてお散歩してる人もよく見かけるので、そういった地元の人たちを見るのも楽しかったりします。

IMAGE

②ランドマーク的存在の看板で写真を撮る

IMAGE

ちょうど街の通りの真ん中あたりにある小さなショッピングヴィレッジ。

そこの看板がカラフルでオシャレ!

フォトジェニックでインスタグラムでもよく見かけるフォトスポットになっています。

インスタに興味がなくともパームコーブに来た記念に写真を撮っておきたいところ♪

バス停もここにあるので、ここを拠点にすると街の全体も分かりやすくてオススメ。

③オープンテラスのお店でランチやカフェタイムを満喫

IMAGE

IMAGE

とにかく開放感あふれるオープンテラスのお店が多いこと!

ケアンズの街中にもたくさんのオープンカフェがありますが、こちらはリゾート感たっぷりでまた違った雰囲気を存分に楽しめますよ。

IMAGE

「Portofino Palm Cove」のシーフードリゾットが絶品でした♪

海風を感じながら、遊歩道を歩く人々を眺めたり目の前にあるビーチを眺めたり…平和的な光景を目の前にしながらのランチやカフェタイムは格別!

IMAGE

▶Portofino Palm Cove

3/41 Williams Esplanade, Palm Cove QLD 4879 Australia

④ビーチの木陰でのんびり 

IMAGE

ビーチは木陰がたくさんあって風が心地よく、ちょっと休むのに最高のコンディション。

地元オージーたちや観光客はシートやタオルを敷いてゴロンとしながら読書をしたりお昼寝したり…

見ているととっても気持ちよさそう。

これぞ真のリゾートスタイルなのだと気付かされます。

IMAGE

ちょっとマネして30分でもいいから寝転がって木陰でのんびりしてみませんか?

IMAGE

パームコーブへのアクセス方法

IMAGE

ケアンズの市バス、水色の車体が目印の「サンバス」でパームコーブ行きが出ています。

110番パームコーブ行きというのがあるので、それに乗ってしまえば終点がパームコーブなので間違うこともないので安心です。

ケアンズの街の乗り場はいくつかありますが、レイクストリート沿いのウールワースのそばにあるバス停が分かりやすくてオススメです。

バスに乗ったら「パームコーブ」と運転手さんに伝えて料金を支払います。
(片道5.4ドル)

まとめ

IMAGE

いかがでしたか?

パームコーブはにぎやかなケアンズとはまた違った雰囲気の隠れ家リゾート的存在のエリア。

カヤックなどのアクティビティもあります。

アクティビティをやったりして丸1日満喫するのもいいですし、半日だけでも十分に雰囲気を満喫できるので、喧噪を離れてのんびり過ごす時間も欲しかったらぜひ訪れてみてください♪



 

新着記事

 

関連記事

台湾人が好きな日本グルメ!台湾で本格的な日本料理店(うなぎ専門店・焼肉屋)に行ってみた

台湾のいたるところに「日本料理」と書かれたお店があります。 親日の台湾なので、日本料理も台湾人にはとても人気があります。 しかし台湾人が好む日本の味ってどんなものなのか気になりませんか? 今回は実際に台湾人おすすめの日本 […]

おしゃれな店内でハンバーガーをほおばる!台北「わくわくバーガー」

今回は、台北市内で食べられるおいしいハンバーガー屋さんをご紹介します。 その名も「わくわくバーガー」。 店名に日本語がついているだけあって、日本人が楽しめそうなメニューが期待できそうです。 ファーストフードのハンバーガー […]

意外とエコ先進国?!アメリカの繰り返し使えるキッチングッズ~ビニールバッグ、ラップ~

アメリカって、大量生産・大量消費で経済を回しているイメージがあるかと思いますが、みなさんはどう思われますか? 大型ディスカウントショップやアウトレットに行けば、ラルフローレンやマイケルコースなど人気のアメリカンブランドが […]