マレーシアの朝市で現地の文化に触れよう! お土産にもなる掘り出し物も見つかるかも?!

IMAGE

マレーシアでコンドミニアムやユースホステル、ゲストハウスなどを拠点に少し長めの休暇を取る人に絶対にオススメなのが、ローカルな市場を活用して食費を低く抑えること。

外食文化が根付くマレーシアですが、長期滞在の中で日本人の口に合う料理を求めると意外にも食費が高くついてしまいます。

IMAGE

こうなったら市場で安く食材を購入し、自分好みの味付けに調理してしまいましょう。

どこに滞在していてもほど近くに何らかの市場が存在するという利便性に加え、お土産にもなる掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

マレーシアの市場はどこにある? 行き方は?

IMAGE

マレーシアで市場を探すには、Google mapなどの地図アプリで「wet market」で検索してみましょう。

たくさんの市場が表示され、きっとあなたの滞在地の近くにも市場が見つかるはずです。

IMAGE

朝市の多くは6時頃から営業していますが、常夏のマレーシアでも朝6時はまだ真っ暗闇です。

IMAGE

一人での買い物の場合には、日本ほどの治安の良さは期待せず、7時過ぎに明るくなってから向かうと良いでしょう。

公共交通機関プラス徒歩で行ける市場がほとんどです。

朝市では何が買える?

IMAGE

活気溢れる庶民の台所・マレーシアの朝市では、野菜・肉・魚・果物・乾物・手作りデザートなどが種類ごとに売り場を分けられており、肉コーナーは、イスラム教徒が多いお国柄を反映し、ノンハラル(イスラム教徒以外のための豚肉売り場)コーナーが隅の方に別途設けられた作りになっています。

IMAGE

特に目を引くのは新鮮なフルーツや野菜!

日本でお馴染みの野菜でも、ナスのようにサイズが大きかったり、バナナのように熟す前の状態で売られていたりと違った表情を見せてくれます。

IMAGE

日本ではあまり見られない、豚肉の全ての部位を買うことができたり、羽をむしっただけの丸ごとのニワトリなどがずらりと並べられている様は壮観です。

IMAGE

また、漢方薬など乾物も多く販売されており、日本で購入する場合と比べ桁違いの安さで本格的な品を購入できます。

IMAGE

薬膳スープや、マレーシアフードとして有名な肉骨茶(バクテー)を手軽に作ることができるスパイスセット系はお土産にもとても喜ばれますよ。

IMAGE

カロリーほぼゼロで強い甘味を持つ、日本で購入すると1個1,000円以上することもある羅漢果が、1個RM1.20(約30円)で売られていました。

スーパーとの違い、メリットは?

IMAGE

マレーシアでもAEONなどのスーパーは大人気。

朝市とスーパーの大きな違いは何と言っても価格でしょう。

スーパーと違い生産者の直売となるためか、段違いのお手頃価格でスーパーよりも新鮮な食材を手に入れることができます。

また、スーパーと違い包装されていない状態で売られているため、無駄な包装ゴミを省きたい方にもオススメです。

社交的な方には、生産者の方と直接値段交渉をしたり世間話をしたりといった楽しみもありますよ(もしも言葉が通じなくても身振り手振りでなんとかなるもの!)。

マレーシアの朝市・市場利用で気をつけることは?

IMAGE

朝市利用の際にはスリ対策として、使用する予定の現金だけを小袋などに入れて持って行くと良いでしょう。

また、数日分買いだめする場合でも、ひとりで持ち運べる程度の食材をたっぷり購入したとしてRM100程度(2,700円ほど)でお釣りが来ます(私はいつもそうです)。

服装についてはヒラヒラフリルの洋服やきらびやかなアクセサリーなどは悪目立ちする恐れがありますし、また、食材で汚れてしまう可能性もあるため控えることをオススメします。

まとめ

あなたも、マレーシア現地の人々の暮らしを体感できるローカルマーケットで食材調達&東南アジアの空気を肌で感じながら、リーズナブルにお土産もゲットしてみませんか?

 

新着記事

 

関連記事

意外とエコ先進国?!アメリカの繰り返し使えるキッチングッズ~ビニールバッグ、ラップ~

アメリカって、大量生産・大量消費で経済を回しているイメージがあるかと思いますが、みなさんはどう思われますか? 大型ディスカウントショップやアウトレットに行けば、ラルフローレンやマイケルコースなど人気のアメリカンブランドが […]

砂漠・ラクダ体験!?グラン・カナリア「マスパロマス」で非日常なバケーション

グラン・カナリア島南端にあるマスパロマス(Maspalomas)。 海岸に沿って広がる砂丘があることで有名です。 一年を通して温暖&快晴なので島内最大のリゾート地でもあります。 今回は最大の見所である砂丘をご紹介します。 […]

バンコクのセンセーブ運河ボートに乗って小トリップ気分を味わおう!運行時間や路線

サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 バンコクは観光都市として有名ですが渋滞の酷さでも話題になりがちです。 渋滞にはまり動かない車で座っているだけでは時間がもったいないですよね […]