タイで作りタイ♡世界に一つのオリジナルフレグランス



アロマ大国、そしてオーダーメイド大国のタイ。
でもこの二つの掛け合わせは意外とない…。

そんな中、人気のアロマブランド「erb」では、なんと自分で香りを数種類選んで組み合わせて、オリジナルのフレグランスが作れちゃうんです!
世界に一つのあなただけの香りづくりを楽しんでみてください。

オリジナルフレグランスはどこで作れる?

erb bespoke fleurfume bar

オリジナルのフレグランスが作れるのはこのお店、バンコクのショッピングスポット、チットロム駅至近のGaysorn Village 2ndFloor erb の店舗内にある、erb bespoke fleurfume bar
erbは日本でも三越にショップがある、ファンの多いアロマブランドです。

a

おしゃれな商品が並ぶ店内

店内は人気商品のボディクリームをはじめ、人気商品がディスプレイされています
もちろん通常商品もお土産にぴったりなので、ぜひ待ち時間に見てみてください。
グリーンが効いたおしゃれな空間に、一歩足を踏み入れた瞬間からテンションが上がります。

b

筆者が挑戦!オリジナルフレグランスはこう作る!

作り方は簡単。好みの香りを2〜5つ選んで調合してもらいます。

30種類の香り

香りはこんなにたくさん…!

c

約30種類、

①フローラル
②スイーツ
③フルーツ
④フレッシュ
⑤ユニセックス

といったキャラクターの香りの中から3-5種を調合して、自分に合ったオリジナルのフレグランスを作り上げていきます。

迷ったときは…

うーん、どれもいい香りで決められない!でもご安心あれ。
店員さんは香りのエキスパート
研修を経て調香師となった店員さんが、フローラル、フルーティなどの香りの好みや、フレッシュ、リラックスと言ったイメージを伝えると、ぴったりの香りや組み合わせを提案してくれます。

d

今回は、自分用と友人へのギフト用に2本作成。
まず店員さんがヒアリングしてくれます。

まずは自分用に…

私はフローラルをベースに、タイらしいマンゴーを使いたいとリクエスト。
テスター紙それぞれにアロマオイルを垂らして、それを重ねて同時に嗅ぐことで香りを確かめます。

やはり香り同士の相性や好みがあり、組み合わせによってイメージがまるで異なります!

仕上がりは、ジャスミン(フローラル系)、ラベンダー(フローラル系)、マンゴー(フルーツ系)、レモングラス(ハーブ系)となりました。

友人へのギフトに…

続いて友人用の1本。
シトラス系の香りが好きなので、シトラスに合わせて提案してもらいました。仕上がりは
シトラス(フルーツ系)、ジャスミン(フローラル系)、ハイティー(スイート系)、スモーキーウッド(スパイシー系)
ジャスミンの香りが好みすぎて、両方に入れてしまいました。もちろん他にもローズやリリーなど、種類豊富です。

オンリーワンの絶妙な仕上がりに💛

こんなにいろいろな系統の香りを混ぜても、それぞれの香りがしっかりとあり、かつ主張しすぎず、ちゃんとまとまるのが不思議。
そして同じ香りを選んでも配合の分量で出来上がりは微妙に違うので、まさにオンリーワンな仕上がりになるのです。

可愛すぎる仕上がりにときめきが止まらない

ボトルとイニシャルラベル、リボンのカラーを選べば…世界に一つだけのmyフレグランスが完成。

e

全て選び終わってから完成まで10分程度(お店の混雑状況による)なのも嬉しいポイント。

ボトルは2種類あり、写真のものは50ml。
お値段は1つ2900B(≒9715円※)
ブランドの香水と同じくらいのお値段で作れちゃいます。

最後に

自分の好きな香りに包まれるなんて、贅沢で至福。大切な誰かをイメージしながら作れば、特別なギフトにもぴったり。自分だけの香りを選んで楽しい、かいでときめく!タイに来たら是非erbに足を運んでみて。

f

※1バーツ3.35円(2018年7月31日現在)

店舗情報

erb Gaysorn Village店

2RD FLOOR. GAYSORN TOWER, GAYSORN VILLAGE

サイト:https://www.erbasia.com/bespoke-fluerfume/


★yumeko

ライター
記事一覧へ

旅の知識から探す



新着記事


関連記事

食の都「台南」で食べ歩こう!おすすめグルメとお店5選

台湾の南部にある都市、台南をご存知ですか? 台南とは? 台湾は台北が有名な都市ですが、近年台南も人気が上昇中。 台南は“台湾の京都”と呼ばれる昔懐かしい街並みが残るエリアです。 1885年に首都が台北に移るまで台湾の政治 […]

タイスキだけじゃない!タイの鍋料理ハーブたっぷりのチムチュムを食べよう!

サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 日本では寒い時期に食べるイメージが強い鍋料理。 暑い国タイでも鍋料理はあります。 有名なタイ料理タイスキは日本にMKというチェーン店が出店 […]

【コロンビア】第2の都市“花の都”「メデジン」、カリブ海に面する世界遺産の町カルタヘナ

こんにちは!フランシュ・コンテ在住のテン子です。 前回は、神秘的なシパキラの塩のカテドラルや、コロンビアコーヒーの産地“カフェ・トライアングル”をご紹介しました。 黄金郷(エル・ドラード)伝説の国、コロンビアならではのユ […]