おしゃれな店内でハンバーガーをほおばる!台北「わくわくバーガー」

今回は、台北市内で食べられるおいしいハンバーガー屋さんをご紹介します。

その名も「わくわくバーガー」

店名に日本語がついているだけあって、日本人が楽しめそうなメニューが期待できそうです。

ファーストフードのハンバーガーが食べ飽きたけど、ゆったりとした店内でおいしいハンバーガーと、サイドメニューが食べたい!という願いを満たしてくれるハンバーガー屋さんです。

「わくわくバーガー」へのアクセス方法

地下鉄「台北101/世貿」駅から徒歩10分と便利な場所に位置する「わくわくバーガー」。

近くには、台北101や新光三越台北などもあります。

さらに、地下鉄「新義安和」駅の方向に行けば通化夜市もあります。

こちらのお店は夜も営業していますので、夜の利用の場合は食後に通化夜市を通って帰ってもいいですね。

「わくわくバーガー」の店内

白い壁が目印の「わくわくバーガー」。

店舗の外には「わくわく!」というロゴが見えます。

ロゴも手書きでおしゃれですし、どことなく手作り感があるのは好感が持てますね。

木の扉を開け中に入るとおしゃれな店内に目を奪われます。店内のテーブルもイスもすべて木製で統一されています。

インテリアも和洋折衷のような感じで落ち着いたインテリアで、ゆったりと過ごせそうです。


https://huablog.tw/wakuwakuburger/

なお、休日や食事時はいつもほぼ満員のため、事前に予約しておくと安心ですね。

「わくわくバーガー」のおすすめメニュー

おすすめは何といってもハンバーガー!

写真は「炸洋蔥富士山牛肉堡(オニオンフライ富士山ビーフハンバーガー)」です。

こちらのメニューはまさに看板メニューで、オニオンフライは付け合わせ、なのではなく一緒にバンズとはさんでいただくのが「わくわく流」のようです。

オニオンのサクサクした食感と、ビーフパティのたっぷりの肉汁が相まってまさに絶品です。

お値段は$280と意外とリーズナブルです。

ハンバーガー以外でもメニューは豊富、
「生乳基底唐揚雞咖哩飯(唐揚げカレーのミルク仕立て)」 $270や、
「激辛辣醬芝士雞翅(激辛ソースチーズ手羽先)」 $160、
またドリンクメニューでは「拿鐵咖啡(ラテ)(H)」$120

といったコーヒーメニューから、
「葡萄柚抹茶氣泡飲(ブドウ柚子抹茶ソーダ)」$120

といった独創的なものまでさまざまで、どれも満足の味わいです。


https://huablog.tw/wakuwakuburger/

またスイーツメニューも一工夫あるものが多く、例えば「海鹽焦糖香蕉可可法式吐司(海塩キャラメルソースココアトースト)」$240などもおススメです。

まとめ

にぎやかや通りから店内に入るとそこにはゆったりとした空間が広がり、ユニークで一工夫あるメニューが目白押しの「わくわくバーガー」。

日本人の感覚でいただいてもコスパも味も十分大満足のお店です。

お買い物のや街ブラのついでに訪れて、ゆったりとした時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

▶わくわくバーガー

住所:臺北市信義区呉興街117号1楼
営業時間:11:30~21:30

 


★Lana

ライター
記事一覧へ

新着記事

 

関連記事

アメリカ・ルート66の街の中でも最も有名な小さな街「セリグマン」のおすすめスポット

ルート66の概要 シカゴとサンタモニカを結ぶ全長2347マイル(3755キロ)のアメリカ最初の国道のひとつルート66。 すでに廃線となった今も多くのファンをはじめ、観光客が訪れます。 詳しくは知らないけれどルート66と聞 […]

言うと喜ばれる!?バリ島の万能挨拶で現地の人とコミュニケーションをとってみよう!

(ランプヤン寺院にて) Om swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! 海外旅行に行く際にすべき事が1つあると私は思っています。 それは、 […]

芸術とグルメの街!サクッと立ち寄れる韓国・光州の観光スポットをご紹介

韓国・全羅南道に位置する光州(クァンジュ)広域市は、数ある韓国の観光都市の中でも、特に芸術の街として知られている都市です。 2年に一度のペースで開催されている芸術祭が「光州ビエンナーレ」。 現代美術のテーマを軸に、アジア […]