せっかくソウルに来たら立ち寄りたい、インスタ映えな韓国コスメショップ2選!


グテンターク!ドイツからビューティーインスタグラムを発信している、オペラです♪

今回は夏休み番外編第二弾!
先日行った、韓国コスメ旅行での、私のお薦めコスメショッピングをお伝えします。

➊イニスフリーのカフェで特別感いっぱいの休憩を

イニスフリー画像

まずはinnisfree (イニスフリー)

東京の表参道に路面店をオープンしたことで、日本でも人気の高いお店ですよね。

韓国のチェジュ島の自然の恵みをふんだんに使った化粧品ブランドです。

ここは、お茶葉エキスのセラムやミネラルパウダーが有名ですが、コスメの良さもさることながら、私がオススメしたいのはここのカフェ!

innisfree グリーンカフェ

DSCF9893

明洞にきてびっくりするのは、ずばり、コスメショップの量!
下調べしてこないと、あまりの量に何を買っていいかわからないほどに。

そんな中、イニスフリーのカフェでは本物の植物いっぱいの内装の中、ホッと一息つくことができます。

DSCF9896

このピンクレモネードは、付属の青のシロップをかけると、みるみるうちにパープルのグラデーションに変化!600円ほどです。

他にも野菜いっぱいのサンドイッチなど、韓国料理にちょっと疲れた時もいいですね♪

innisfree グリーンカフェ

面白いのが、店内では無料でVR体験ができること!

イニスフリーの世界観が詰まった、ショートフィルムさながらのVR動画が、動画のシーンにシンクロして動くシートに座りながら体験できます。

DSCF9895

オススメは「イニスフリーワンダーランド」ですよ!
これは一見の価値ありです。

▶innisfree 明洞「GREEN CAFE」

日本語住所:ソウル市 中区 明洞路 13 イニスフリー2~3階
韓国語住所:서울특별시 중구 명동로13 이니스프리 2~3층
電話番号:02-776-0117
営業時間:9:00~ 23:00 ※カフェのラストオーダーは22:00

➋3ceはピンクホテルで買おう!

続いて、可愛い韓国コスメといえばココ、3ce

3ceは総合コスメチェーン店 オリーブヤングなどでも買えますが、明洞に来たら絶対行ってほしいのがここ、スタイルナンダ ピンクホテル

DSCF9891

スタイルナンダ ピンクホテル

5階建のピンクのビルは、各フロアごとにホテルをイメージした内装になっていて、3ce 以外にも同ブランドの服やアクセも見られます。

可愛いレセプションのコーナーから始まり、プールバーまで、ほんと~にどこもインスタ映え!

私の購入品とともに、ショッピングの様子をビデオにまとめてみました♡

↓ ↓ ↓

📹▶3CEショッピング動画💗

私は可愛い女の子の写真がついた、マルチカラーポット(約2200円)がお気に入り。

こちらは3ceの新作で、チークやリップ、アイカラーにも使えとても便利です。

そして3ce手鏡を持ってメイクしたらもう、韓国コスメ好きの証です♪

DSCF9889

手鏡は700円程で買えるので、プレゼントにしてもいいですよね!

▶STYLENANDA PINK HOTEL

日本語住所:ソウル特別市 中区 忠武路2街 66-2, 1~5F
韓国語住所:서울특별시 중구 충무로2가 66-2, 1~5F)
電話番号 02-752-4546
営業時間 11:00~23:00 ※カフェのラストオーダーは21:00
休業日 年中無休

最後に

IMG_11023 (1)

他にもクリオ、ラネージュなど、韓国コスメ購入品やスウォッチは、私のインスタグラムページで紹介しているので、ぜひ覗きにいらしてください♡

オペラ インスタグラム:https://www.instagram.com/germanycosme/ 

それではまた!



 

★オペラさん

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

バリ島在住者が勧めるプチプラ土産5選!安く&軽くてバラマキにおすすめ♪

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! バリ島のお土産情報がインターネットなどでググると、溢れるようにヒットします。 なので、王道 […]

言うと喜ばれる!?バリ島の万能挨拶で現地の人とコミュニケーションをとってみよう!

(ランプヤン寺院にて) Om swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! 海外旅行に行く際にすべき事が1つあると私は思っています。 それは、 […]

ミュンヘンのお城の中に博物館!モモの作者「ミヒャエル・エンデ博物館」

日本では今でも人気の根強い児童文学作品『モモ』を書いたドイツ人ミヒャエル・エンデ(1929-1995)はですが、彼が」南ドイツで生まれなのはご存じの方は知っていますか? ミュンヘンには、そんな児童文学作家ミヒャエル・エン […]