息を呑む美しさ!マレー半島ペルヘンティアン島 「ベサール(ビッグ)」の魅力!ビーチやサンセット・マリンスポーツなど

マレー半島の東海岸にあるペルヘンティアン島は、大小2つの島からできています。

大きいほうを、マレー語でペルヘンティアンベサール(ビッグ)、小さいほうをペルヘンティアンケチル(スモール)と呼びます。

今回は、大きい方のベサール(ビッグ)についてご紹介します。

ベサール(ビッグ)の魅力

こちらはケチルと比べるとホテルのチョイスも多く、船着場もビーチ沿いにたくさんあります。

スピードボートが島に近づくと、かわいらしいホテルが見えてきます。

ペルヘンティアン島で楽しめるのは、マリンスポーツとジャングルトレッキングです。

もちろんホテル前のビーチで泳ぐこともできますが、多くの人は半日のアイランドホッピングに行きます。

ビーチ沿いにツアー会社がたくさんあるので、値段や条件を交渉してツアーを決めます。

ペルヘンティアン島から15分ほどスピードボートで移動すると、いくつかの小さな無人島が現れます。

それぞれの島に、大きなサンゴ礁のエリアがあり、人気の、シュノーケリングスポットになっています。

どのビーチも真っ白な砂なので、浅瀬の海の色がエメラルドのキャンディのようにキラキラ輝きます。

空と海と真っ白なサンドのコントラストが絶景です。

泳いでいても海の透明度に驚かされます。

数メートル先まで余裕で見渡せます。
魚は私たちにおかまいなしで自由に泳いでいてかわいいです。

洞窟のような岩場があったり、大きな魚ばかりのスポットがあったり、スイミーに出てきそうな魚の大群に遭遇したり、ウミガメを見ることのできるスポットもあります。

ペルヘンティアンケチル(スモール)のほうの記事でも触れていますが、ペルヘンティアン島ベサール(ビッグ)ではお酒が手に入りにくいように思います。

どうしても欲しい方は、持参されたほうがいいかもしれません。

また、この島からはサンセットを見るのが難しいので、サンセットツアーを申し込むことができます。

海に沈む夕陽を見ることのできるポイントまで連れて行ってくれます。

最後に

ペルヘンティアンベサール(ビッグ)もペルヘンティアンケチル(スモール)でも、ホテルを申し込む時に、空港からバス(1時間)〜船着場(スピードボートで20分)〜ホテルまでの交通手段を提供しているパッケージを一緒に申し込むと良いです。

プライベートビーチのように贅沢にビーチを堪能できます。ぜひこの海の美しさ、味わってみてください。

息を呑む美しさ!マレー半島ペルヘンティアン島 「ケチル(スモール)」の魅力!ビーチやサンセット・ホテルなど
https://travelplus.info/article/article-asia/3153

 


★こじま

ライター

記事一覧へ

新着記事


関連記事

ヒンドゥー教の聖地! マレーシア観光で見逃せない「バトゥ洞窟(Batu Caves)」の自然が作り出した圧巻の景観 

マレー系、中華系、インド系が共存する国マレーシアでは、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教と各宗教の特色ある寺院も観光の目玉の一つとなっています。 本日は、インド系国民に多いヒンドゥー教の聖地、Batu Caves(バトゥ洞窟 […]

モン・ドールやコンテ、大人気チーズの産地フランシュ・コンテ地方 ヨーロッパ最高峰モンブラン(4,810m)を仰ぐ絶景ポイント!

モン・ドールやコンテ、大人気チーズの産地フランシュ・コンテ地方 ヨーロッパ最高峰モンブラン(4,810m)を仰ぐ絶景ポイント! 最近は日本のデパ地下などでもお馴染みモン・ドール(Mont d’Or)※やコンテ(Comté […]

【ウィーン】ハイキングに最適!Hohe Wand (ホーエ・ヴァント)自然公園のコースを紹介

「Hohe Wand自然公園」とは? ウィーンとの州境からおよそ40分ほど走ったところにある、Hohe Wand自然公園。直訳すればその名の通り「高い壁」。 大地の上に断崖絶壁の岩壁が8キロ近くにわたって聳え立っているニ […]