【マカオ】気分はヨーロッパ!パステルカラーのおしゃれな「ラザロ地区」で街歩き

こんにちは!
マカオ在住の椿です。

マカオの街並みで、おしゃれな写真を撮ってみませんか?

パステルカラーのカラフルなポルトガル風の建物が並ぶ、おすすめのエリアが「ラザロ地区」です。

マカオらしさのある美しい街並みは、映画や雑誌、ミュージックビデオの撮影や結婚式の前撮りにもよく利用されています。

アクセス

世界遺産「聖ポール天主堂跡」から徒歩10分ほどです。

「聖ポール天主堂跡」からタクシー

この辺りは道が狭く一方通行も多いため、タクシーを利用する場合は「鏡湖醫院まで行き5分ほど歩くのをおすすめします。

所要時間は10分弱、運賃は40~50MOP(約560~700円)です。

「聖ポール天主堂跡」からバス

バスを利用する場合、運賃は一律6MOP(約84円)です。
「盧廉若公園(ロウ・リム・イオック公園)」で降り、5~6分歩きます。

「マカオ・フェリーターミナル」からバス

マカオ・フェリーターミナルからは「12」に乗り、所要時間は20分ほどです。

「セナド広場」からバス

セナド広場からは、市政署に向かって右手に5分弱歩いたところにある「大豐銀行」の先のバス停から「2、5」に乗ります。

所要時間は10分ほどです。

エメラルドグリーンが美しい聖ミカエル墓地

「聖ミカエル墓地」はキリスト教カトリックの墓地です。

エメラルドグリーンの建物や壁が美しく、熱帯の花が咲き乱れています。

十字架や天使の像が並び、にぎやかな雰囲気の、明るい開放的な場所です。

中央には礼拝堂があり、悪魔を退治する大天使ミカエル像がまつられています。

誰でも見学することができます。

▶聖ミカエル墓地

住所 Estrada do Cemitério, Cemitério S. Miguel Arcanjo (St. Michael’s Cemetery)
開放時間 8:00~18:00
入場無料、無休

アートの中心地!仁慈堂婆仔屋

「仁慈堂婆仔屋」は黄色と白の組み合わせが華やかな建物で、かつては老人ホームでした。

現在はレストラン、ショップ、アートギャラリーとして利用されています。

ショップではポルトガルのボディケアグッズや石けん、アズレージョというタイルを使った工芸品、ジャムやワインに缶詰など、おみやげに最適なおしゃれな品物が手に入ります。

中庭にはお願いごとをすると叶うといわれる井戸があり、大切に保存されています。

中庭では季節ごとのイベントや展示が行われ、何度訪れても新鮮な楽しみを与えてくれます。

▶仁慈堂婆仔屋

住所  No.8, Calçada da Igreja de S. Lázaro

【Mercearia Portuguesa 葡國天地百貨 (ショップ)】
営業時間 月~金13:00ー21:00、土日12:00~21:00

【ALBERGUE1601(レストラン)】
営業時間 月~金12:00~15:00及び18:00~22:30、土日12:00~22:30

おすすめの写真スポット

「聖ミカエル墓地」から直角に伸びる通りが、ポルトガル風の街並みとして人気です。

また、仁慈堂婆仔屋前の階段からラザロ教会側の通りもパステルカラーの建物が美しく、趣があります。

路地に一歩入ってみるのもおすすめです。
ラザロ地区は道が細く一方通行が多いですが、よく車が通りますので撮影の際はくれぐれも注意しましょう。



 

新着記事

 

関連記事

【バリ島】女子ウケ抜群!ウブドの可愛いカフェ&ホテル「 バリ ボヘミア(Bali Bohemia)」~女子旅・カップル・ハネムーン~

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! バリ島ウブドで新しいコス(ローカルアパート)に引っ越しをして、 だいぶ生活も落ち着きました […]

あの天才物理学者もファンだった!ヨーロッパで唯一のコーヒー農園を探索しよう

ヨーロッパではコーヒーが日本とは桁違いに飲まれていますが、実は全て南米やアフリカからの輸出豆なんです。 しかし、ここグラン・カナリア島には小さいながらコーヒー農園があります。 外部に流通されないほど貴重なコーヒーの生現場 […]

ウィーンの夏はアイスクリームが熱い!おすすめのアイスサロン4選♡

みなさん初めまして!7月も後半に入り、暑さも本格的になってきました。 ここオーストリア・ ウィーンの街も、北海道と同じくらいの北緯とはいえ、暑い日が続いています。
 ウィーンの夏はアイスクリームが熱い! 日本では、建物に […]