マカオの下町!情緒あふれる「十月初五日街」でグルメやお土産探し~中国茶・エッグタルト~

こんにちは!マカオ在住の椿です。

趣のある下町には、その地域の歴史や文化が根付いていると思いませんか?

ピカピカのカジノや世界遺産の観光地もいいですが、地元の人の息遣いを感じられるマカオの下町を散策してみるのもおすすめです。

「十月初五日街」は、世界遺産のエリアから徒歩圏内で、ローカルグルメやお土産探しも楽しめるエリアです。

アクセス

聖ポール天主堂跡から徒歩5分ほど、セナド広場から徒歩10分弱です。

十月初五日街は一方通行の細い通りですが、頻繁にバスやバイクが通るので気をつけましょう。

お土産に最適!老舗の中国茶店

十月初五日街を歩くと、中国茶のいい香りが漂ってきて癒されます。

この通りには老舗の茶葉店が数件あり、お土産を探すのにおすすめです。

定番の烏龍茶やプーアル茶から、美しい工芸茶のジャスミン茶、フルーツフレーバーの紅茶など種類も様々です。

少量からバラ売りもしてくれますので、自分へのお土産にもおすすめです。

少しずつ何種類か購入して、本場の味と香りを楽しみましょう。

プレゼントにするなら、雰囲気のある缶入りがおすすめです。

まとめ買いやバラマキ土産に最適な、かさばらない小さなサイズもありますよ。

悩んだら、気軽に店員さんに相談してみましょう。

おすすめのローカルグルメ・エッグタルト

十月初五日街には老舗のローカルカフェ茶餐廳(チャーチャンテン)があり、朝食や軽食を楽しめます。

南屏雅叙(ナンペンカフェ)

中でも「南屏雅叙(ナンペンカフェ)」は、朝から夕方までいつも地元の人でいっぱいの人気のお店です。

街中のカフェと比べて手頃なお値段なのも、人気の秘訣です。

おすすめは「蛋撻(ダンタッ、広東風エッグタルト)」「叉燒蛋治(チャーシウダンジ、チャーシューと厚焼き玉子のサンドイッチ)です。


エッグタルトはほろりと崩れるタルト生地に、甘さ控えめで卵の味が濃厚なフィリングが詰まっています。

サンドイッチは焼きたての厚焼き玉子がボリュームたっぷりで、チャーシューの甘みと旨みが美味しさを引き立てます。

エッグタルトなどの菓子パン類はショーケースに並んでいるので、指差しで注文が可能です。

人気のエッグタルトは、時間帯によって売り切れている場合もあります。

その際は「椰撻(イエタッ、ココナッツタルト)」もおすすめです。
ココナッツファインがたくさん入った素朴な焼き菓子は、どこか懐かしい味わいでほっとします。

飲み物は「鴛鴦(インヨン、コーヒーと紅茶を合わせ無糖練乳を加えたもの)」がおすすめです。

紅茶の香りにコーヒーのコクが深みを与え、無糖練乳が2つをうまくまとめています。

思わずハマってしまいそうな味わいですよ。

▶南屏雅叙

住所 新馬路十月初五街85-85A號地下
営業時間 6:30~18:30
エッグタルト、ココナッツタルト各6パタカ、鴛鴦(ホット)15パタカ



 

新着記事

 

関連記事

ハノイでおいしいポキ丼が食べられる!行く価値ありのレストラン「Poke HANoi」をレポ!

東南アジアで生活していると、なかなかおいしい生魚には出会えません。 漬け丼やポキ丼が恋しくなります。 旅行でベトナムに来られた方にとっては、ポキ丼はベトナム料理ではないのでそれほど魅力的ではないかもしれません。 それでも […]

【釜山】海雲台(ヘンウンデ)からすぐ!【海東龍宮寺】の絶景スポット・グルメ隅から隅までご紹介!

釜山の観光スポットといえば、ジャガルチ市場、国際市場、甘泉文化村(カムチョンムンファマウル)、海雲台(ヘウンデ)などが定番コース。 でもちょっとだけ足を伸ばして、絶景スポットのお寺を見に行ってみませんか? 今回は海の断崖 […]

【オーストラリア】ヤシの木街道にビーチと絵に描いたようなリゾートエリア、パームコーブへ行ってみよう!

パームコーブってどんなところ? ケアンズの中心地からバスに揺られること1時間弱。 そこにはケアンズの街中とはまったく違ったリゾートムード満点のスポットが! 地名の通り、ヤシの木に囲まれたビーチリゾートです。 ビーチ沿いの […]