観光国として人気急上昇【ブータン】!初めての旅行でも訪れたいのどかなブムタン地方

こんにちは!フランシュ・コンテ在住のテン子です。

今では観光国として人気急上昇のブータン。

実は、日本初の観光団体がブータンを訪問したのは1975年。

私の初めてのブータン観光は1996年でした。

長い鎖国のイメージもあって、当時“神秘の国”と呼ばれたブータンですが、近年はなんと“幸せの国”!

そこで今回は、近代化も進むブータンで、のどかな田舎が残るブムタン地方をご紹介します。

今は1人でも可能になったブータン旅行

かつては4人以上のグループしか受け入れられなかったブータン旅行。

現在は1人でも可能です。

ただし、ブータン旅行には、必ずガイドと専用車がつくことはお忘れなく。

つまり1人で好き勝手に観光することはできません。

一方で、身の危険を感じることもなく安心して旅ができますね。日本語ガイドも増えていますよ。

旅行会社で、訪れたい場所や、やってみたいことなど事前にアレンジして出かけましょう。

初めてのブータンでお馴染みの観光地

空の玄関パロ

映画『リトルブッダ』のロケ地になったパロ・ゾン(注)、ブータンの歴史や宗教、工芸品、切手コレクションなどが展示される博物館タ・ゾン、レストランや店が並ぶパロ銀座などがあります。

さらに近郊にある聖地タクツァン僧院も1日ハイキングで人気ですね。

(注)ゾンとは、県庁と僧院が共存するブータン独特の建物。
かつては要塞でした。

首都ティンプー

3代目国王を記念したメモリアルチョルテン、国王の執務室もあるタシチョ・ゾン、国立タキン保護区などがあります。

冬の首都プナカとドチュ・ラ(峠)

1955年ティンプーが首都になるまで冬の間の首都であったプナカには、2つの川の合流点に建つプナカ・ゾンがあります。

このプナカとティンプー間にあるのがド・チュラ(峠)。天候が許せばブータンヒマラヤが見えますよ!

8月頃にはピンク色の“ソバの花”が咲き乱れるブムタン地方

さて、お馴染み観光スポットに加えて“より素朴でのどかなブータン”を求めるなら、ブムタン地方へ行くことをおすすめします。

首都ティンプーから丸一日かかりますが、道中のドライブも、山また山のブータンらしい景観が期待できますよ。

8月頃にはピンク色のソバの花が咲き乱れます。

ブムタン地方の中心ジャカルでは、“白鳥ゾン”と称されるジャカル・ゾン、8世紀ブータンにチベット仏教を伝えたパドマ・サンババゆかりのクジェ・ラカン、ブータン最古の寺ジャンベ・ラカンなどがあります。

さらにジャカル近郊のシンカル村もおすすめです。

伝統家屋が建ち並び、昔ながらの生活スタイルが見られますよ。

おわりに

1972年に先代国王が提唱した「国民総幸福(GNH)」。

ブータンは観光でも独自スタイルを貫いています。

それがもしかしたら“幸せの国”に通じるのかも知れませんね。

訪れると必ずや再訪したくなりますよ。


★テン子

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

【マカオ】気分はヨーロッパ!パステルカラーのおしゃれな「ラザロ地区」で街歩き

こんにちは! マカオ在住の椿です。 マカオの街並みで、おしゃれな写真を撮ってみませんか? パステルカラーのカラフルなポルトガル風の建物が並ぶ、おすすめのエリアが「ラザロ地区」です。 マカオらしさのある美しい街並みは、映画 […]

注目の田浦のカフェ通り!韓国・釜山コーヒー博物館&「LANDMARK 9」

多くのガイドブックに掲載されている釜山・田浦のカフェ通り。 休日だけでなく、平日も多くの人が集まる人気スポットです。 2017年には韓国で唯一、ニューヨークタイムズの「必ず行きたい世界の名所52」に選定! 韓国を代表する […]

空港近くのオアシス!プノンペンに着いたら『bamboo house vegetarian food(竹香居養生菜食園)』で一休み

長いフライトが終わり、ようやく空港についた! おなかも空いたけどどこで食べよう? そんなとき、空港内のレストランや出口すぐにあるバーガーキングや吉野家に入ってもいいですが、せっかくだったらのんびりしたい! そう思う方もい […]