シンガポールで絶対食べたい!チリクラブの名店「JUMBO SEAFOOD」

シンガポールのローカルフードといえば、外せないのが「チリクラブ」

カニのうまみと甘辛いチリソースが相性ばっちりで、たまらなくおいしいんです!

シンガポールにはいくつか有名店がありますが、在住者の私がなかでもイチオシの「JUMBO SEAFOOD」を今回ご紹介します。

チリクラブとは?

茹でたカニに甘辛いチリソースをたっぷりとかけた、シンガポールの名物料理。

新鮮なカニを豪快に、贅沢に堪能できる、海鮮好きな方にはぜひ試してほしい一品です。

カニはスリランカクラブが定番のようですが、お店によってはアラスカンキングクラブやタラバガニを選べるところも。ソースはトマトや溶き卵、唐辛子などで作られ、店によって味が様々。

店によっては時価で1kg~オーダーのところなどもあり、1kg60~90シンガポールドル(約4,800~7,200円)くらい。

量的には3名でチリクラブを1kgと、その他小さいサイズの料理を2~3品で注文するとちょうど良い印象です。

大人気の有名店「JUMBO SEAFOOD」!

IMAGE

数あるチリクラブのお店の中でも私がいちばん好きなのが、「JUMBO SEAFOOD」。旅行客、ローカル問わず人気のある店なので、事前に予約をして行くのがおすすめです。

IMAGE

こちらの「JUMBO SEAFOOD」の好きなポイントが、特製チリソース。

個人的に甘めのチリソースがあまり得意でなく、このお店の甘すぎず、辛さもちょうど良いソースがお気に入り。

パンチはしっかりあるのに、溶き卵も入っているからかとてもマイルドで…とにかく絶妙なバランス!

もちろん、主役のカニも最高です。ぎっしり身が詰まっていて、うまみと甘みを存分に堪能できます。

カニは生きたまま仕入れているそうで、鮮度にも定評あり。

ちなみに写真のチリクラブはDungeness Crabという種類で、1kgで88ドル(約7,040円)。

絶対に頼んでほしいサイドメニュー

まず外せないのが「マントウ」と呼ばれる揚げパン。

甘めの味付けで、外がカリカリ。

チリクラブのソースにつけて食べるのですが、これがクセになり、止まらないおいしさです!

IMAGE

シーフードチャーハン。

薄めで優しい味付けながら、エビがぷりぷりでしっかり海鮮のうまみが味わえます。こちらもチリクラブのソースにつけても美味。

IMAGE

ホタテとブロッコリーの炒め物。

とにかくホタテがおいしい!

歯ごたえしっかりです。

IMAGE

空心菜のサンバルソース炒め。

シンガポールではおなじみのサイドメニュー。

シャキシャキの空心菜にニンニクと辛いサンバルソースがよくなじんでいて、ビールにぴったり。

まとめ

IMAGE

カニを食べるときは静かになっちゃう…と言いますが、チリクラブもいつのまにか夢中になってしまいます!

カニの絵がキュートな紙エプロン、フィンガーボールやビニール手袋も用意してくれるので、うまく使って楽しく食べてくださいね♪



 

新着記事

 

関連記事

【ハワイ】どこか懐かしい雰囲気漂うオールドタウン♪「ハレイワ」へ1dayトリップ

以前はハワイリピーターや長いバケーションの観光客が訪れるツウな場所だったハワイのローカルタウン、「ハレイワ」。 ここ数年はオシャレなお店も増えガイドブックにも大きく取り上げられたり、ツアーも充実しておりすっかり定番スポッ […]

【スイス】チャップリンを魅了したレマン湖畔の町「ヴヴェイ」の見どころ5選

三日月形のレマン湖の弧の外側に位置するヴヴェイの町。 湖に面した南向きのこのエリアは、日当たりが良く、安定した気候からスイス随一のワインの産地として知られています。 美しいブドウ畑に囲まれるヴヴェイも、その昔はワインの集 […]