一生に一度は行ってみたい!アルザス地方のクリスマスマーケット

暗くて長く、寒い冬に包まれるヨーロッパ。

人々がもっとも楽しみにしているのがクリスマスです。

ヨーロッパのクリスマスは、11月の最終日曜日にろうそくを灯すことから始まります。

4本のろうそくが輪のように並べられたアドヴェント・キャンドルが用意され、クリスマスに向かって1週間ごとに火を灯していきます

クリスマスを待ちわびる気持ちが伝わってきますね。

ロマンチックなクリスマスマーケットはどこがおすすめ?

クリスマスは欧州の人々にとって冬の生きがいと言えます。

その代表的なイベントがクリスマスマーケットです。

そして、ヨーロッパでも、美しいことで有名なクリスマスマーケットが開催されるのがフランスのアルザス地方

日本ではクリスマスマーケットといえばドイツが有名ですが、アルザス地方フランスでもドイツに国境を接するエリア

クリスマスマーケットが盛んなのも納得です。

アルザス地方の歴史的な街並みを彩る、ロマンティックでかわいらしいクリスマスマーケットをご紹介します!

アルザス地方ってどこにあるの?

アルザス地方は、フランス北東部に位置し、ドイツとスイスに国境を接しています。

パリから700kmの位置にあり、フランス新幹線TGV(train a grande vitesseトラン・ア・グランド・ヴィッテス = 超高速列車)で結ばれています。

ワインの産地として有名

ワインの産地として有名で、北から南へ170kmに及ぶワイン街道が続き、街道沿いには、まるで絵本から飛び出してきたような可愛らしい町や村が点在しています。

アルザス地方へのアクセス

➀パリから行く方法

アルザス地方へ行くには、大きく2つの方法があります。

ひとつ目は、パリからフランスの新幹線TGV(train a grande vitesseトラン・ア・グランド・ヴィッテス = 超高速列車)に乗り、アルザス地方の中心都市ストラスブールへアクセスする方法。

所要時間は約1時間50分です。

パリのシャルル・ド・ゴール空港の鉄道駅から直接ストラスブールへ向かう列車もあり、便利です。

➁ドイツから行く方法

ふたつ目の方法は、飛行機でドイツのミュンヘンなどを経由し、スイスのバーゼルに入り、そこから列車でアルザス地方の町コルマールへ行く方法です。

バーゼルからコルマールへは、鈍行列車で約1時間です。

▶フランス国鉄SNCFホームページ

https://www.sncf.com/fr

クリスマスマーケットが開催される時期

クリスマスの時期になるとアルザス地方の各町や村でクリスマスマーケットが開かれます

開催時期は町や村によって異なりますが、大きな町では大抵11月23日辺りから12月30日まで開催しています。

小さな町や村は、12月に入ってから始まり、12月24日まで開催とするところが多いようです。

町や村ごとの詳しいスケジュールはこちらのホームページで確認することができます。

▶スケジュール

www.noel.tourisme-alsace.com

コルマールのクリスマスマーケットをご紹介

アルザス地方で私がもっとも愛する町、コルマールのクリスマスマーケットをご紹介します。

コルマールは、『プティット・ヴニーズ=小さなヴェニス』と呼ばれる運河が流れる地区を中心に旧市街が広がっています。

旧市街には、『コロンバージュ』と呼ばれる木組みの家が、石畳の敷き詰められた小道に立ち並び、まるでおとぎの国に迷い込んだかのよう…

ハウルの動く城の舞台!?

宮崎駿監督の『ハウルの動く城』は、コルマールを舞台に描かれた…と聞いたことがありますが、歩いてみるとハウルの世界そのまま!

普段でも十分に美しく、かわいらしい街並みがクリスマスの装飾に彩られるのですから、クリスマスの魔法に包み込まれるのに理想的な舞台といえるでしょう!

お菓子の家のようなメルヘンチックな世界

木組みの家はそれぞれ思い思いに飾られ、童心にかえるかわいらしさに感動します。

ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家ってきっとこんな風だったのでは?なんて思うほどメルヘンチックでかわいらしい家の連続に写真を撮る手が止まらないでしょう。

隅々まで見て回りたいクリスマスマーケット

街並みももちろんですが、クリスマスマーケットの見どころは、なんといっても魅力的な出店たちです。

マーケットと名の付くように、様々なお店が町の広場や通りを埋め尽くさんかの勢いで並びます。

シャレーと呼ばれる木造のかわいいお店では、クリスマスの装飾品や工芸品、ジャムやはちみつ、チョコレートなど見るだけでわくわくするような品物が売られています。

食べ物の屋台もあります。

ホットワインを味わおう

見逃せないのは ヴァン・ショー(Vin Chaud)=ホットワインです。

クリスマスマーケットの時期はとても寒いのでホットワインで体を温めながら散策しましょう。

ホットワインを提供するお店は多く、店によってスパイスの調合や風味が異なります

町中にシナモンとミカンの香りが漂うほど、みんながホットワインを楽しんでいますよ。

17:00以降は美しいイルミネーションを楽しもう

昼間もかわいい街並みのコルマールですが、クリスマスマーケットの本番は何といっても夜

と言ってもこの時期の日暮れは17時頃です。

暗くなるとイルミネーションに灯がともり、中世の町に彩りを添えます。
その美しさと言ったらまさにファンタジーの世界…。

寒さで空気が澄み渡り、光の美しさが増すようです。

どの路地を歩いても素晴らしく、わくわくが止まりません。

▶コルマールのクリスマスマーケットホームページ

http://www.noel-colmar.com/fr/

クリスマスマーケットが開催されるおすすめの町や村

アルザス地方では、コルマール以外にも数多くの町や村でクリスマスマーケットが開催されます。

大きな町から小さな村までその規模は様々。雰囲気や見どころも異なります。

クリスマスマーケットを巡るのにおすすめの町や村
をご紹介します!

➊ストラスブール

アルザス地方最大の都市で、クリスマスマーケットも規模が大きく、盛り上がります。

その規模の大きさから『Capital de Noël キャピタル・ド・ノエル=クリスマスの都』と謳われています。

ヨーロッパ最古のマーケットと言われる歴史のあるマーケットです。

▶ストラスブールのクリスマスマーケットホームページ

https://noel.strasbourg.eu/top-15

➋リクヴィル

ブドウ畑の中に佇む宝石のように美しい町、リクヴィルで開催されるクリスマスマーケットは、まるでおとぎの国に迷い込んだかのよう。

『屋根のない博物館』と称されるほど中世の家並みが保存されたリクヴィルの町

史的な街並みがイルミネーションに彩られ、ファンタジーの世界にトリップできるのがリクヴィルのクリスマスマーケットの最大の魅力です。

➌カイゼルスベルク

木組みの家の窓辺や泉、どこも花で飾られた美しい村、カイゼルスベルク

村の中はもちろん、村の背後にそびえる廃城から村を一望する景色も素晴らしいです。

フランスの美しい村、フランス人の好きな村の二冠に輝きました。

ワインの産地として知られ、マーケットでも良質のワインを楽しむことができます。

木造のシャレーと呼ばれる屋台では、クグロフシュトーレンなどクリスマスならではのお菓子やジャム、蜂蜜など高品質な食品が売られています。

昔ながらの素朴なクリスマスマーケットと美しい村の散策が魅力です。

➍エギスハイム

フランスの美しい村に選ばれた小さな村です。

城壁に囲まれた村の中は、中世の世界さながら。

教会と噴水が並ぶ村の広場は、まるで額に入った一枚の絵のよう。

写真を撮るのをお忘れなく!

村人手作りのクリスマスマーケットは素朴で可愛らしく、温かみがあります。

村巡りに便利な巡回バス、「ナヴェット・ド・ノエル(Navette de Noël)」

小さな町や村を巡るのに心配なのが交通手段です。

でも心配はご無用!


クリスマスマーケットの期間中、ナヴェット・ド・ノエル(Navette de Noël )と呼ばれる巡回バスが各村まで連れて行ってくれます

コルマールの鉄道駅の前から出発するこのバスで、
リクヴィルとカイゼルスベルク、エギスハイムを訪ねる
ことができます。

詳しい時刻は、『アルザスのクリスマス(Noël en Alsace)』のホームページ『ナヴェット・ド・ノエル(Navette de Noël )』のページで調べることができます。

▶『Noël en Alsace アルザスのクリスマス』のホームページ

https://noel.tourisme-alsace.com/fr/se-deplacer-en-alsace-a-noel/escapades-depart-colmar.html

クリスマスマーケットを訪れる際の服装

クリスマスマーケットが開催される時期のヨーロッパは極寒!

最高気温がマイナス…という日もあると言っても過言ではありません。

どれくらい寒いかというと、最高気温がマイナス…という日もあるほどなんです。

もちろん雪が降ったりもします。

しかもクリスマスマーケットは主に屋外で楽しむイベントです。

防寒対策をしっかりしてお出かけください。

保温機能に定評のあるブランドのダウンコートや、ムートンブーツ、手袋、マフラー、毛糸の帽子、レッグウォーマー・・・。

露出するのは目だけ!というぐらい着こんでいったほうが安心です。

ヒートテックやホッカイロも役に立つと思います。

風邪をひかないようにしっかりと対策しましょう。

最後に

寒さは厳しいですが、冷たく、キーンと張り詰めた空気の中で見るイルミネーションの光は特別にきれいです。

背景の街並みが童話絵本の中のように可愛らしく、クリスマスムードをより一層高めてくれるのがアルザスのクリスマスマーケットの魅力です。

大人から子供まで心躍らせるアルザスのクリスマスマーケット、ぜひ一度訪れてみてください。

▶Noël en Alsace アルザスのクリスマスホームページ

https://noel.tourisme-alsace.com

 

★yukacco

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

グアムの海と陸を両方楽しめる!水陸両用観光バスツアー「ライドザダック」

ハッファデイ~!グアムでフリーライターをしているりひゃんです。 グアム滞在中はビーチやお買い物の他に、オプショナルツアーを利用する方も多いのではないでしょうか。 グアムにはディナーショーやマリンアクティビティなど、様々な […]

まるで映画の世界!クロアチアきっての美しい街「ドゥブロヴニク」で観光・食事・買い物もすべて楽しむ!

ヨーロッパ旅行ライターのyukaccoです。 観光スポットとして近年人気の高いクロアチア。 なかでも、アドリア海に面した城塞都市ドゥブロヴニクは、 「ドゥブロヴニクを見ずして天国を語ることなかれ」とまで言われるクロアチア […]

【スイス】チャップリンを魅了したレマン湖畔の町「ヴヴェイ」の見どころ5選

三日月形のレマン湖の弧の外側に位置するヴヴェイの町。 湖に面した南向きのこのエリアは、日当たりが良く、安定した気候からスイス随一のワインの産地として知られています。 美しいブドウ畑に囲まれるヴヴェイも、その昔はワインの集 […]