お土産にも最適!3月のドイツのスーパーで買いたいイースターの可愛いお菓子~HARIBO、キンダーサプライズ、リンツ~

IMAGE

日本でもだいぶ浸透してきたイースターのお祭り。

もともとはキリスト教における復活祭をさします。

キリスト教徒にとってはクリスマスと同じぐらい大切なシーズンなのですが、毎年決まった日付ではありません。

春分の日の次の満月のあと、最初にやってくる日曜日がイースターです。

よって、毎年3月下旬から4月にかけて、イースターがやってきます。

ドイツでは毎年3月に入ると街はイースターの飾りつけや関連商品でカラフルになります。

この記事では、せっかくこの時期にドイツを訪れるのであればぜひチェックしてほしいお菓子をご紹介します。

1.イースターと言えば、ウサギとたまご!

IMAGE

イースターに欠かせないモチーフと言えば、イースターバニーとイースターエッグです。

子供をたくさん産むうさぎは子孫繁栄を、たまごは命を象徴していると言われます。

ドイツの子供たちも隠されたたまごを探すエッグハントを楽しみます。

このたまごは、本物のゆでたまごをカラフルに塗ったものだったり、チョコレートのたまごや、たまご型のプラスチックや缶の入れ物にお菓子をつめたものだったりします。

うさぎとたまご、両方の形のチョコレートがセットになったお菓子はどこのお店でも大人気!

イースター当日が近づくと品切れになっているお店も多いので、早めにチェックしてください。

2.HARIBOの限定バージョン

IMAGE

ドイツと言えば、ハリボのグミは欠かせないですよね。

毎年イースター限定のハリボが登場します。

中身もパッケージもいつもよりカラフルで、スペシャル感満点。

3.リンツのかわいいうさぎチョコ

IMAGE

日本でもファンが急増しているリンツからは、毎年うさぎ型のスペシャルなチョコが登場。

てのひらサイズがなんとも言えずかわいいのですが、中にはミニミニサイズから巨大なものまで!

うさぎのお洋服もいろいろな柄があるのでお気に入りを探してみて。

4.の限定バージョン

IMAGE

普段からたまご型をしているキンダーサプライズはまさにイースターにぴったりのお菓子!

限定版のパッケージで、もちろん中身も期間限定のものが発売されます。

写真のものは通常の3倍ほどの特大サイズです。

コレクションに加えてみては?

5.フェレロからはかわいいケース入りが登場

IMAGE

エッグハントに使っても良し、お部屋のデコレーションに加えても良し、たまご型のかわいいケースに入ったお菓子です。

日本でも人気のロシェ、ココナッツ好きにはたまらないラファエロ、大人な味のモンシェリと、中身の好みで選んでも良いですね。

6.ミルカからはポーチやぬいぐるみ付きのお得なパッケージが!

IMAGE

チョコレート単体でも魅力的なミルカからは、とってもお得なオマケつきパッケージがラインアップ。

写真右はたまご型のポーチ、左はぬいぐるみ付きです。

他にもうさぎの耳のカチューシャがついたものや、ハンドパペットつきもあります。

毎年イースター前に品切れになりますので、お気に入りを見つけたら迷わずゲットして!

まとめ

いかがでしたか?
どれも雑貨店やスーパー、空港などで簡単に手に入れることができます。

春のドイツに訪れた際にはぜひ探してみてくださいね。



 

新着記事

 

関連記事

バリ島のおすすめ土産♪ 健康的で可愛いハーブティーブランド『MADE TEA』

バリ島ではたくさんのハーブを使った料理、薬、お茶などがたくさんあります! 南国ならではの珍しい植物達も自生しておりバリ島の人たちの生活に密着しています。 在住者がおすすめするハーブティーは? ありそうでなかったバリ島の太 […]

ペナンのソフルフード!きしめん焼きそば「チャークエィティャオ」を「興發茶室Kafe Heng Huat」で食べました!!

マレーシアのソウルフードの一つに、チャークエィティャオがあります。 チャークエイティヤオとは? チャー(炒)は炒めるという意味で、クエィティャオは、平たい米の麺のことです。 つるつるすべすべしています。 きしめん焼きそば […]

【サンティアゴ巡礼】プレ・ロマネスクが魅力!『プリミティボの道』からフィニステラへ

こんにちは!フランシュ・コンテ在住のテン子です。 スペインファンに限らず、ヨーロッパで人気の『サンティアゴ巡礼』。 スペイン語では“El Camino de Santiago(エル・カミノ・デ・サンティアゴ)”ですね。 […]