プレミアムアウトレットの隣!「Hive Guam」のグアム最新デザート「バブルワッフル」が可愛い!

    ハッファデイ~!グアムでフリーライターをしているりひゃんです。

    グアムで食べたいものといえば、アメリカンなスイーツ!

    特に女子は、インスタ映えする可愛らしいデザート情報を、求めている方が多いのではないでしょうか。

    今回はそんな女子の願いを叶える、グアムの最新スイーツをご紹介したいと思います。

    グアムで数少ないおしゃれカフェ

    訪れたのは「Hive Guam(ハイブグアム)」

    グアムプレミアムアウトレット(GPO)の、隣の敷地にあります。

    男性でも気兼ねなく入れそうなカッコいい外観と、グアムの島旗モチーフが目印です。

    落ち着いてカフェタイムを楽しめる

    同カフェは大人向けのおしゃれな雰囲気が魅力。

    2階建てになっており、上階ではビジネスパーソンがミーティングをしたり、学生さんが勉強をしたり、皆思い思いの時間を過ごしています。

    注目のデザートはこれ

    今回の目的は昨年10月に発売された、グアムの最新デザート「Babble Waffle(バブルワッフル)」

    香港の屋台フード、“エッグワッフル”を参考にしたクレープのような見た目です。

    注文を受けたら、さっそくのワッフル作成に取り掛かります。

    オープンキッチンなので、その様子を見ることも可能。

    ポコポコとしたユニークな形が面白い!

    生地はプレーンの他に、オレオクッキー、アメリカのチョコレートReese’s(リーシーズ)、HEATH(ヒース)から選ぶことができ、生地のみの注文はもちろん、アイスクリームやフルーツがトッピングされたものも選べます。

    グアムの最新スイーツ“バブルワッフル”

    今回オーダーしたのはこちらの「Mini Bananatella」(ミニサイズ)先ほどのワッフルに、ハーゲンダッツアイスクリーム(バニラ)、バナナ、チョコレートソースがトッピングされた、とても美味しそうなデザートです。

    さっくりふっくらと焼き上げられたバブルワッフルは、軽い口当たりでアイスクリームとの相性抜群!

    また食べたいと思わせるデザートを見つけ、とても嬉しかったです。

    旅行者の方も気軽に足を運べるカフェで、グアムの最新デザートはいかがでしょう。

    ▶The Hive Guam

    住所:265 Chalan Santonio, Unit 1Tamuning, Guam 96913
    営業時間:月~金曜日6時~19時、土曜日8時~19時、日曜日7時~17時
    定休日:クリスマス
    電話番号:671-922-2899
    URL: https://www.facebook.com/hiveguam/

    Instagram: https://www.instagram.com/hiveguam/

    ライター情報

    ■Instagramアカウント
    @rihyan_guam
    https://www.instagram.com/rihyan_guam/

    ■グアム在住ブログ
    りひゃん×グアム=Happy
    https://ameblo.jp/rihyan-guam-life


        ★りひゃん

        ライター
        記事一覧へ

        新着記事

         

        関連記事

        世界で一番安く手に入る?!ストリートブランド「STUSSY」グアム店

        ハッファデイ~!グアムでフリーライター&ブロガーをしているりひゃんです。 Instagramでも沢山のグアム情報を配信しています! @rihyan_guam フォローしてね! グアムは免税の島。 ラグジュアリーブランドか […]

        旅の思い出に自分だけのお土産を!マレーシアでバティクペインティングを体験してみよう!

        マレーシアといえばバティク。 バティクをおみやげに買おう!と決めている人はたくさんいると思います。 バティクとは? バティクとは、簡単に言うと、ろうけつ染のことです。 布にロウでデザインを描き、塗り絵のように染めていくと […]

        360度の大パノラマ!ラ・マンチャの台地に聳え立つ古城アラルコン、中世に浸るパラドール

        スペインの首都があるマドリード州の東と南に接するカスティリャ・ラ・マンチャ州。 一般的なイメージは、ラ・マンチャを舞台にしたセルバンテス著「ドン・キホーテ」に登場する“風車”でしょうか。 さらに、マドリードから日帰り観光 […]