まるでベネチアの街!?世界最大のホテル「ベネチアンマカオ」でショッピングやカジノを楽しもう

こんにちは。マカオ在住ライターの椿です。

「ベネチアン・マカオ」は、マカオを代表する巨大カジノリゾートです。

IMAGE

イタリアにある水の都ベニス(ベネチア)をテーマにしたカジノホテルで、2007年にラスベガスからやってきました。

本物の街と見まがうばかりのクオリティはそのままに、さらにスケールアップしてマカオに登場した人気の観光スポットです。

マカオに来たら1度は訪れたい、ベネチアンを紹介します。

シャトルバスが便利!アクセス

IMAGE

ベネチアンに行くには、無料のシャトルバスを利用するのが便利です。

シャトルバスは「マカオ・フェリーターミナル」「タイパ・フェリーターミナル」「マカオ空港」などから5~15分に1本の頻度で出ています。

マカオ・フェリーターミナルは朝9時から深夜12時まで、タイパ・フェリーターミナルは朝7時30分から深夜12時15分まで、マカオ空港は朝10時から夜10時30分まで利用可能です。

ベネチアの街並みを再現した巨大なショッピングモールは必見!

IMAGE

ベネチアン・マカオでまず見たいのが3階のショッピングモールです。

ベネチアの街を再現したショッピングモールの天井には空の絵が描かれ、運河が流れ「ゴンドラ・ライド」を楽しむこともできます。

IMAGE

1周1時間以上かかる巨大なショッピングモールには、ハイブランドのジュエリー店からファストファッションまで、あらゆるものがそろいます。

まるでテーマパークのような館内は、どこも似たような景色で迷子になってしまいそうです。

家族や友人と出かける場合は、はぐれないように注意しましょう。

東京ドーム1個分の大きなカジノを体験しよう

ベネチアンの1階には、巨大なカジノがあります。

まだ日本では味わえない本場のカジノの雰囲気を体感しましょう。カジノは24時間営業で、21歳以上なら無料で誰でも入場可能です。

パスポートは必ず携帯してください。

ドレスコードは特にありません。

Tシャツや短パン、サンダルでもOKです。帽子やサングラスは入場の際に外します。カジノ内は撮影禁止です。

また、スリが現れやすいので、手荷物に注意しておきましょう。

カジノでは、香港ドルのお札を使って遊びます。

スロットマシンなどのコンピューターゲームなら、10HKD(約140円)から遊べます。テーブルゲームの場合は、遊びたい台のディーラーさんに直接現金を渡せば、カジノチップと交換してくれます。

テーブルごとに最低掛け金(ミニマムベット)がありますので、確認してからテーブルにつきましょう。

ルーレットは50HKD(約700円)、サイコロを使った中国独自のゲーム大小(シクボー)は300HKD(約4,200円)、マカオで1番人気のあるトランプゲームのバカラは500HKD(約7,000円)程度から遊べます。

1日中いても飽きない!ベネチアン・マカオを楽しもう

IMAGE

ベネチアンは延べ床面積が世界で2番目に大きい建物で、ホテルとしては世界最大です。

従業員数は2万人規模で、1つの町のようです。

客室数は3,000室あり全室スイートタイプで、2017年に全室改装しました。

宿泊してもしなくても楽しめるベネチアンは、写真映えもばっちりです。見どころいっぱいのベネチアンへ、ぜひ遊びに行ってみましょう。

 

新着記事

 

関連記事

【バリ島】女子ウケ抜群!ウブドの可愛いカフェ&ホテル「 バリ ボヘミア(Bali Bohemia)」~女子旅・カップル・ハネムーン~

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! バリ島ウブドで新しいコス(ローカルアパート)に引っ越しをして、 だいぶ生活も落ち着きました […]

【年末はロンドンへ】ハイドパークの巨大遊園地「ウィンターワンダーランド」攻略法!アクセス・料金情報も

こんにちは。ロンドン在住ライターのベネッサです。 2019年4月からロンドンに移住しました。 実際に住んでいるからこそ分かる、ローカル情報をご紹介します。 ロンドンは11月頃から日に日に陽が短くなり、1月の今では午後4時 […]