メンズ用やデリケートゾーン用も!日本未発売のドイツ生まれのニベア商品6選  

青缶のクリームですっかりおなじみニベアですが、実はドイツ生まれなのをご存じでしょうか。

ニベアが生まれた国、ドイツでは本当にたくさんのニベア商品が店頭に並んでいて、それもほとんどの商品が日本未発売!

今回は数多くある商品の中から筆者がおすすめしたい商品を選りすぐってご紹介していきます。

1.ニベア 化粧水 (ブルー:普通~混合肌、ピンク:乾燥~敏感肌)
【ERFRISCHENDES GESICHTSWASSER/PFLEGENDES GESICHTSWASSER】

こちらの商品は洗顔後に使用する化粧水です。

ブルーとピンクの2種類あり、それぞれ普通~混合肌、乾燥~敏感肌用に分かれています。ピンクボトルの化粧水にはアーモンドオイル配合、アルコールフリー(※エチルアルコール)なので敏感肌の方にも安心です。

どちらも200mlで4ユーロ程度とコスパもよいので乾燥する夏の時期はお風呂上りにバシャバシャ使うことができます。

香りはベビーパウダーのような優しい香り。

2.ニベア ふき取り化粧水
【MICELLAIR® SKIN BREATHE MIZELLENWASSER SENSIBLE HAUT】

ドイツではメイク落としといえばふき取り式が一般的、店頭でも多くのふき取り化粧水があります。

こちらの商品は敏感肌用にもかかわらずしっかりとアイメイクや口紅を落としてくれる優れもの。

使い方は簡単、コットンにしみこませてメイクをふき取ります。

顔、目、唇対応ですので顔全体に使用可能です。

無香料なのでふき取りあとはすっきり、お気に入りのスキンケアをしてください。

3.ニベア 2イン1シャンプー
【2IN1 PFLEGE EXPRESS SHAMPOO&SPÜLUNG】

ドイツの水質は硬質、なかなか日本人にあうシャンプーを見つけるのが大変なのですが、私はこちらを見つけてからずっとリピートしています。

泡立ちがとてもよく、なんといってもこれ一本でリンスまで済ませられる手軽さ、しっかりと髪のことを考え肌のpHバランスを考えた弱酸性シャンプーです。アロエベラ配合ですべての髪質向けなのでお土産にピッタリですよ。

4.ニベア デリケートゾーン専用ソープ
【INTIMO WASCHLOTION SENSITIVE】

こちらはデリケートゾーン専用のソープです。

刺激に弱いデリケートゾーンは特に弱酸性のものを使いたいところ。

しっかりと洗浄し、カモミール油とパンテノールを配合し、肌をしっかりと保湿してくれます。

ポンプタイプで一回の量を出すことができるのでとても便利です。

優しいフローラルの香りです。

5.メンズニベア 全身ソープ
【MEN SPORT PFLEGEDUSCHE】

  
こちらは男性へのお土産にピッタリなメンズ向けの全身シャンプーです。

さわやかなライムの香りで運動後の汗のにおいをしっかりと洗い上げてくれます。

24時間リフレッシュ感が続くとうたい文句になっていたので、こちらを数年間使い続けている夫に聞いてみたところ「しっかりと汚れを落としてくれながら、洗いあがりも保湿してくれている」とのことでした。

洗いあがりの香りはシャンプーをすると結構強めです。

6.期間限定!青缶のレインボー柄登場!

ニベア商品を探しに行くと、いつもの青缶のニベアクリームコーナーが華やかなレインボー缶に変身していました。

青缶はサイズがいろいろと展開されていますが、すべてレインボー缶でした。

期間限定のレインボー柄、世界の多様性をレインボーカラーで表現しているそうです。

コロナ禍で混沌としているいま、世界がそれぞれの多様性を認められるだれもが住みやすい世の中になってくれるといいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ご紹介したもの以外にもまだまだオススメのものがたくさんあります。

ドイツのドラッグストアに行けばその品揃えの多さに驚くはずですよ。

それもほとんどプチプラで帰るので絶対お得です。

ぜひぜひお気に入りのニベア商品を見つけて自分用に、お土産用に持ち帰ってくださいね。

 

新着記事

 

関連記事

言うと喜ばれる!?バリ島の万能挨拶で現地の人とコミュニケーションをとってみよう!

(ランプヤン寺院にて) Om swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! 海外旅行に行く際にすべき事が1つあると私は思っています。 それは、 […]

韓国・ソウル【梨花洞壁画村】のソフトクリームカフェ「ミルク工房」はコンセプト通りの世界観♪

オシャレなカフェがたくさんある韓国のソウル。 有名人によってプロデュースされている飲食店や、しっかりとコンセプトが設定されているお店も多いですよね。 今回は、思わず写真を撮りたくなるソウル・大学路(テハンノ)のソフトクリ […]

イギリス・ヨークにあるカントリーハウス「カースル・ハワード」で、英国貴族の生活を体感しよう!

イギリスには「カントリーハウス」という英国貴族の邸宅があります。 「カントリーハウス」とは? 日本でも放映された英国ドラマ「ダウントンアビー」シリーズの大ヒットで、英国貴族の生活やカントリーハウスに注目が集まっているため […]