マレーシア都心部の交通機関!電車・タクシー・バスの乗り方を解説!注意点も

    マレーシア の都心部を旅行する場合、基本的にタクシー、電車、バスを使って移動することになると思います。

    今回は旅行客にオススメの移動手段について、特に電車の乗り方をお伝えします。

    タクシーの乗り方

    まずタクシー利用についてですが、流しのタクシーに関しては、ぼったくりトラブルがとても多くローカルでも使いたがらないのが現実です。

    わざと遠回りしたり、メーターに細工したりする悪質なドライバーも多く、通常の倍以上の値段を請求されることは珍しくありません。

    流しのタクシーを使うことは個人的にお勧めしません。

    (流しのタクシーとは、赤、黄色のタクシーのことを指します。)

    ぼったくりを避けるならGrab Taxiという配車アプリを使おう!

    タクシーを利用するなら、Grab Taxiという配車アプリを使うことを強くお勧めします。

    使い方は別記事でご紹介していますので、参考にしていただけたらと思います。

    ↓   ↓   ↓

    マレーシア 旅行必須!タクシー配車アプリ「‘Grab Taxi’」って?

    このアプリを利用すればトラブルになることはほぼありません。

    短い距離でも配車できますし、ピンポイントで目的地まで連れて行ってもらえるのでとても便利です。

    バスの乗り方

    次にバスについてですが、乗りこなすにはハードルが高いかもしれません。

    なぜなら、マレーシアのバスは時間通り行くることがほぼなく、酷い時には乗客がいないからという理由で来なかったりするからです。

    また、バス停のアナウンスがなかったり、きちんとバス停で停まらず道の真ん中で降ろされることもあるので、地理感のない旅行者にはストレスになると思います。

    それも含めて楽しみたいという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

    町並みを見ながらバスに乗るのもいい思い出になると思います。

    電車の乗り方

    さて、今回の記事のメインテーマは都心部での電車の乗り方です。

    MRT、LRTと呼ばれる電車とKLモノレールが走っており、これらを上手に乗り継げば、ペトロナスツインタワー(KLCC Station)、チャイナタウンやセントラルマーケット(Pasar Seni Station)、ブキッビンタン(Bukit Bintang Station)、バトゥ・ケイブ(Batu Caves)などの主要観光地へのアクセスも便利です。

    ちなみに、KLセントラル駅が中心となる駅で、ここから長距離電車、長距離バス、空港バス、空港線が出ています。

     
    ここからは、MRT、LRT、KLモノレールの乗り方をご説明します。

    ➀言語を選択

    券売機ではまず英語、中国語、マレー語から言語を選択し、画面右上の「Token」をタッチします。

    トークンとは、IC入りのコイン型チケットのことです。

    ➁目的地を入力

    次は目的地を入力する画面が出ますので、最終目的駅名をアルファベットで入力します。

    右側に路線図が出るので、乗り換えの確認もできて助かります。

    ➂お金を投入

    最後に、画面に値段が表示されるので、お金を投入して下から出てくるトークンを取ります。これがトークンです。(5、Token写真)

    ➃改札に入るときにトークンをかざす

    改札口は、写真のようにトークンをかざすと開くようになっています。

    プラットフォームが1、2と左右に分かれているので、目的地がどちらの行き先にあるのか確認してから階段を上がってください。

    時刻表はなく、時間帯によって5〜15分間隔で運行されています。

    ➄改札を出るときはトークンを投入口に入れる

    目的地に到着したら、改札のコイン投入口にトークンをいれると改札扉が開く仕組みです。

    料金は日本円で25円〜120円程度なので、タクシーよりもかなり安く抑えられます。

    Touch‘n’Go(タッチアンドゴー)でもっと便利に

    ちなみに、マレーシアではTouch‘n’Go(タッチアンドゴー)というカードが広く使われていおり、電車やバスの運賃の支払いだけでなく、高速料金の支払い、ショッピングモールの駐車料金の支払いなどに使われています。

    このカードを持っている人は、チャージされていれば、券売機でトークン買う必要はありません。

    改札でタップするだけでどこへでも行けます。

    少し運賃が割引されるので、長期でマレーシアに滞在される予定であれば持っていると便利なアイテムです。

    最後に

    マレーシアの電車、モノレールはとても清潔で快適です。

    路線が少ないので路線図は見慣れてしまえばそれほど難しくないと思います。

    電車を乗りこなせたら、現地の空気をかなり身近に感じることができ、旅の楽しさもアップします。

    ぜひチャレンジしてみてください。

    路線図URL(マレーシア全体の路線図)
    https://www.myrapid.com.my/clients/Myrapid_Prasarana_37CB56E7-2301-4302-9B98-DFC127DD17E9/contentms/img/20170717_Transit_Map.pdf

    マレーシア都心部の交通機関!電車・タクシー・バスの乗り方を解説!注意点も

     


      ★こじま

      ライター

      記事一覧へ

      新着記事

       

      関連記事

      日本との文化の違いがたくさん!メキシコ人と付き合うなら知っておきたい5つの習慣

      メキシコに駐在したり、仕事をしたりするときにはメキシコ人と付き合っていかなければいけません。 メキシコには、メキシコ独特の習慣があり、日本人であってもそれに合わせることができれば向こうの気持ちを取り込むことができます。 […]

      【ニュージーランド】コロナウイルスでロックダウン解除後の現在の状況(2020年6月)

      3月のロックダウンから約2ヶ月、ニュージーランドのロックダウンが解除されました。 ロックダウンが解除されたニュージーランドは、現在どんな状況なのでしょうか。 5月にロックダウンが解除されたニュージーランド ロックダウンが […]